諦めたら、そこで試合終了ですよ! FXの魅力を語りまくります!

Pocket

 

いつも閲覧ありがとうございます!

FXトレーダーの市村です。

今回は、暗闇の中で孤独に歩いている方に向けて、FXの魅力を語りまくろうと思います。

 

□この記事のおすすめの方

FXをやっているけど、なかなか勝てない。
どうすれば勝てるのか分からない。
FXを諦めようと思うけど、諦めきれない。
FX以外にも、仮想通貨や株式投資などをやってみたけど、全部結果が出ない。
正直、FXを辞めたい。

 

 

魅力① どこで何をしていても、お金を稼げるのがFX

 

 

FXは、他の仕事とは違って、どこで何をしていてもいいのです!

 

平日に公園でのんびりしながら、FXするのもよし!

コテージでゆっくりしながら、FXするのもよし!

事務所で仕事をしながら、FXするのもよし!

 

スマホとネットさえあれば、どこで何をしていても、お金を稼げるのがFXです。正直、これほど魅力的なものは他にはありません。

朝早く起き、満員電車に揺られ、やりたくない仕事もし、嫌いな上司のご機嫌を伺い、夜遅くに帰る。そして、次の日がまたやってきて、同じ時間を過ごす。

そんな平凡でつまらない人生から脱却できるのが、FXです!

 

 

□FXの魅力①

仕事をしていても、遊んでいても、ゆっくりしていても片手間で稼げるのがFX

 

 

 

魅力② スキルを身に着けたら、一生役に立つのがFX

FXは、他の副業とは違って、一生残るものです。

例えば、稼げる副業で人気なのが、物販になりますが、物販は商品をリサーチして、仕入れて、販売することを繰り返します。やることは単純なのですが、今売れている商品が1年後も2年後も売れてはいません。物販は常に売れる商品をリサーチし続ける必要があります。さらに、誰でもできるということから競合も多く、商品の取り合いになります。

それに対して、FXでやることは、ロングするかショートするかだけです。それは、今も1年後も、10年後もやることは変わりません。

つまり、今身に着けようとしているスキルは一生使えるということです。

 

 

□FXの魅力②

FXは1年後も10年後もやることは一緒。ロングかショートするのみ。一度身に着けたスキルは一生役に立つ。

 

 

 

魅力③ 集客も営業スキルも必要ない

 

 

これは、個人的に一番の魅力だと思っています。

お金を稼ぐ全ての手段に共通しているのは、集客➡営業という流れです。お客さんをWEB広告や口コミで集めて、アポして、営業して、商品が売れて初めてお金を手に入れることができます。これは、全ての業種に共通して言えることです。

その中で結果を出そうとしても、コミュニケーションスキルが必要だったり、マーケティングスキルが必要だったりします。人と関わることが苦手な人は、本当にきつい作業です。

ただ、FXは誰を集客する必要も営業する必要もありません。必要なのは、スマホとネットとスキルだけ。

僕は、ここにとてつもない魅力を感じ、FXを始めています。ですので、こうしてブログを書いている最中もお金は稼げています!

 

 

□FXの魅力③

集客スキルも営業スキルも必要ない。スマホとネットとスキルさえあれば、お金を稼げる
 

 

 

FXはある時、爆発したように結果が出る!

 

FXで結果を出している人のほとんどが、この成長曲線をたどっています。今はまだ結果を出していなかったとしても、それは普通のことです。FXの成長曲線上を進んでいるだけなのです。そして、いつ爆発するかどうかですが、それは人それぞれ違うので、なんとも言えないですが、一つだけ言えることは、やり続けていれば、必ず結果は出ますし、ある時爆発したように結果を出せば、それまでの負け金額は一瞬で回収できるほどの力をもっています。

僕の場合ですと、2年間はずっと停滞していました。しかし、3年目にはものすごい結果が出て、年利で2000%を出すことができました!

そして、今では月利10%~40%は出すことができているので、いつかそういう時が来ます!

あとは、その時が来るまでやり続けられるかどうかがポイントになってきます!

 

 

□FXの成長曲線

それまで負けていたとしても、ある時爆発したように結果が出るのが、FXです。

 

 

 

最短、最速で結果を出す方法

僕が結果を出せるようになったのは、FXで結果を出している人に教えてもらったからです。本当にこれだけです!

自分の頭で、これでいいと考えていたとしても、気付かない内に、進むべき道から反れていることが多いです。そして、やっかいなことは、反れていることに気づいていないということです。

これでは、結果を出せたとしても、いつになるか分からないので、結果を出している人に教えてもらうことが、最短・最速の道になります。