これで老後も安心!?2000万円を貯金する方法を考えてみた。

Pocket

 

いつも閲覧ありがとうございます。

FXトレーダーの市村です。最近、老後30年は2000万円不足すると金融庁が発表し、話題になっておりますね。

金融庁が発表した直後に、世間は炎上の嵐となっておりますが、実際問題これは事実であり、このままいくと老後はお金が足りなくなる時代がやってくると思います。その未来を予測して、国は警鐘を鳴らしている訳ですよね。なので、老後のお金を準備するためには、やはり2000万円は貯めておくべきだと考えます。

今回は、FXとは少し話はが反れてしまいますが、実際問題、老後にお金が足りなくなるのは事実なので、どのようにして2000万円貯めることができるか考えてみました。

 

 

金融庁はどういう前提で、2000万円不足すると発表したの!?

 

金融庁の資産はとても簡単です。2017年の『家計調査』において、高齢夫婦無職世帯の毎月の収入と支出を比較した際に、約5.5万円/月赤字になると報告されました。年間で言うと、66万円という計算です。そして、65歳から95歳の30年間続いたとすると、1980万円不足するという計算になります。これが、金融庁が発表した計算式になります。

 

 

□金融庁の計算式

・1世帯の収入(1か月当たり) ➡ 209,198円

・1世帯の支出(1か月当たり) ➡ 263,718円
・1世帯の不足(1か月当たり) ➡ 54,520円
・1世帯の不足(30年分) ➡ 19,627,200円
 
 
ただし、前提としてこれは最低限度の生活レベルではなく、老後の裕福な暮らしを前提とした計算式になります。娯楽も無くし、最低限度の生活レベルならば、不足額はもう少し少ないと思いますが、死ぬまで最低限度の生活レベルでは正直嫌ですよね。人生1回切りですし。なので、老後も楽しく生きるために2000万円貯める方法を考えてみました。
 
 
 

2000万円貯金する方法を考えてみました

これは、僕の考え方を含めているので、これを参考にするもよし、何もしないのもよしです!

 

□2000万円貯金する方法

①貯金する。

②成果報酬型の営業職に転職して、年収を上げる。
③副業をすることで収入源を増やす。
④投資で資産運用する。
⑤宝くじを当てて、一攫千金を狙う。
 
 
それでは、それぞれの方法をやってみたとして、実際にどういう風にしたら、2000万円貯まるのかを紹介したいと思います。
 
 
 

①貯金する。

 

まずは、貯金からです。

 

□前提条件

・年収:430万円(夫) 60万円(妻)
・既婚
・子供は2人(男女)
・住所:東京都

 

この家族の例はごく一般的な例だと思いますが、この場合の平均的な生活費はどのくらいになるか計算してみました。

 

 

家族4人の平均的な支出は、31万5000円になります。この例だと貯金はどのくらい毎月できるのでしょうか!?

430万円の手取りは、360万円になり、そこに奥さんのパート代の60万円を加えると、420万円が年間手取りとなります。

つまり、1か月当たりの手取りは、35万円になります。

この場合だと、貯金は3.5万円できるという訳ですね。

ただし、23歳~65歳の42年間で貯金を2,000万円しようと思うと、毎月3.9万円を貯金する必要があります。

そのため、この平均的な支出からあと4千円きりつめた生活を42年間続けたら、理論上は貯まる計算ですね。

 

□貯金して2000万円を貯める方法

・日本のごく平均点な生活費から4千円をさらに切り詰めて、毎月3.9万円を貯金し、42年間続ける。

 

人それぞれあると思いますが、僕は42年間切り詰めた生活をするのは、絶対嫌なので、この方法は無しですね。

 

 

②成果報酬型の営業職に転職して、年収を上げる。

 

転職すると言っても、平均年収が430万円なので、どこに転職しても正直同じで、なかなか年収を上げるのが厳しい世の中です。しかし、唯一年収を上げれる職種があります。それは、成果報酬型の職種です。具体的には、保険、証券、不動産などの営業職ですね。

 

ちなみに、保険、証券、不動産の営業の平均年収は、839万円となり、手取りは640万円になります。月額にすると、53万円になるので、貯金は215,000円を貯金できる計算となり、約8年で2000万円を貯金できますね。

ただし、そういった成果報酬型の営業職は、その仕事の大変さから、離職率が高いのも事実です。特に証券会社は、離職率30%なので、そこに耐えられるかどうかが鍵になってきます。

 

□成果報酬型の営業職に転職して、2000万円を貯める方法

・保険、証券、不動産などの成果報酬型の営業職に転職すれば、約8年で2000万円は貯金できる。
・しかし、その業務の大変さから離職率が高いのも事実。

 

 

③副業することで収入源を増やす。

 

2019年現在、国が副業を推進し、大企業も副業を容認してきましたので、副業を始められている方は多いかと思います。しかし、まだまだ副業を始めている人は約5%ですので、やったことがない。何をすればいいか分からないと考えられている方も多いかと思います。ですので、副業として人気な職種に絞ってご紹介したいと思います。

 

□人気な副業3選(2019年版)

1番人気:クラウドワークス
2番人気:仮想通貨
3番人気:アンケートモニター
 
 
 

1番人気:クラウドワークス

 

 

クラウドワークスとは、オンライン上で在宅ワーカーと発注者のマッチングサービスになります。仕事から帰宅して、その後にコンビニでアルバイトするのも、疲れますし、職場の人とばったり会ったりしても嫌なので、自宅で仕事ができるクラウドワークスが人気な理由ですね。

 

 

この画像のように、それぞれの仕事に報酬が設定されているので実行したら、それを報酬として受け取れる仕組みです。

 

 

ちなみに、クラウドワークスでどのくらい稼げるかと言うと、クラウドワークスが発表したデータによると、20万円をこえたワーカーは111人だそうです。

ただし、80万人が登録している中で、111人なので、確率的にはかなり低いですね。一時的な収入を得ることならばできそうですが、これで貯金2,000万円をするのは、難しそうです。

ちなみに、クラウドワークスのHPはこちらです。

↓↓↓

https://crowdworks.jp/

 

 

2番人気:仮想通貨

 

2017年は仮想通貨バブルでした。

 

□2017年の仮想通貨バブル

ビットコイン:110,986円 ➡ 2,227,388円 (約22倍)
イーサリアム:943円 ➡ 79,900円 (約84倍)
リップル:20円 ➡ 400円 (約20倍)
エイダ:2円 ➡ 130円 (約65倍)

 

これらは主要な仮想通貨ですが、どの通貨を見ても上昇率が異常に高く、これほど儲かる投資はこれ以外存在しません。正直、2017年の仮想通貨は所持しているだけで儲かる業界でした。僕自身も、20倍資金を増やしていたので、かなり恩恵を受けました。

では、これからの仮想通貨はどうなるか!?ですが、2019年から2020年にかけて、もう一度暴騰は来ると思います。しかし、これは最後のチャンスだと思った方がいいですね。仮想通貨が世の中に浸透し、法も整備されてくると、ここまでの変動率にはなりませんので、簡単に稼げる投資では無くなります。ですので、2019年時点に、仮想通貨を仕込み、20倍を狙うべきかと思います。100万円いれて、20倍になれば、2000万円貯金できますね。2019年の仮想通貨ならば、まだこのチャンスはあると思いますが、最後のチャンスになりますので、やるなら早めがいいですね。

 

3番人気:アンケートモニター

人気ですが、正直稼げないです!稼げても月1万円が限度なので、これで2000万円貯めるならば、2000か月必要ですね。。。

果てしなく遠い未来です。

 

□副業をすることで、2000万円を貯める方法

・副業人気2位の仮想通貨ならば、2000万円を貯めるチャンスはある。
・しかし、それは~2020年までの話で、それ以降はチャンスはないため、やるなら早めがおススメ

 

 

 

④投資で資産運用する。

投資として代表的な、FX、株式投資、不動産投資の3種類で解説をしていきます。

 

 

FX

FXは、一般的には稼げないと言われていますが、僕自身FXトレーダーとして生活していますし、稼げないと全く思わないので、少しひいき目で解説します笑。

FXは少額から始めることができ、10万円から始める方が多いです。普通にやっていれば、月利10%は出せますので、それで計算すると、

 

□FX計算式


10万円 × 10%/月 × 12か月 = 31万円/年 (1年目)

31万円 × 10%/月 × 12か月 = 124万円 (2年目)

124万円 × 10%/月 × 12か月 = 389万円 (3年目)

389万円 × 10%/月 × 12か月 = 1220万円 (4年目)

1220万円 × 10%/月 × 12か月 = 3828万円 (5年目)

 

たった5年で、目標の貯金2000万円は貯めることは簡単にできてしまいます。

これは、仮想通貨以外の他の案件では、絶対に達成できない数字なので、FXに取り組む意義は十分にありますね。

 

 

株式投資

株式投資は、FXと同じく投資案件としては人気になりますが、FXと違ってレバレッジ設定がないので、ある程度の資金が必要になってきます。最低でも100万円はあった方がいいですね。

そして、株式投資の平均年利で7%(ウォーレン・バフェットで20%/年)ですので、それで計算してみます。

 

□FX計算式


100万円 × 7%/年 = 107万円 (1年目)

107万円 × 7%/年 = 114万円 (2年目)

・・・(途中の計算は省略)・・・

2088万円 (45年目)

 

100万円を元出に株式投資を始めても、2000万円に到達するのに、45年もかかってしまいます。それはさすがに流すぎますね。ただ、投資案件としては魅力的なので、100万円ではなく、もっともお金をつぎ込んだ方がいいですね。

 

 

不動産投資

不動産投資は、会社員と公務員ならば誰でも簡単にできる投資案件なので、やっていないのならば、今すぐにでもやるべきですが、実際にどのくらいの利益が出るのか、計算してみました。

 

□不動産計算式


・都内 区分マンション:4000万円(築:10年)

・10年間運用し、売却。

・35年ローン(金利:1.8%)

・家賃収入:120万円 (1万円/月(家賃ー返済) × 10年)

・売却益:200万円 (4000万円 × ▲20%(価格下落率) - 3000万円(残債)

・合計:320万円

 

ざっくり計算しているのですが、他の投資案件と比べたら、低い利率となります。しかし、誰でもでき、誰がやっても再現性が高いことで人気ですね。ただ、これだけで2000万円貯めようと思うと、ざっくり3億円近くの物件は購入する必要がありますね。

 

 

□投資で資産運用することで、2000万円を貯める方法

・FX ➡ 10万円でも月利10%で、5年後には貯めることはできる。(ちなみに、月利10%は誰でもできます)
・株式投資 ➡ 100万円で年利7%で運用すると、45年かかる。(もっと資金を投入するべき)
・不動産投資 ➡ 2億円分の物件を購入すれば、2000万円貯めることは可能。

 

 

⑤宝くじを当てて、一攫千金を狙う。

 

ここまでで、4400文字となり、かなり長い記事になってしまいました。読者の皆さんも最後までお読み頂きありがとうございます。

最後は、少しおふざけで宝くじで一攫千金を狙った場合を計算してみます。

 

 

□宝くじで、2000万円を貯める方法

・年末ジャンボで1等(7億円)が当たる確率:0.000005%

・6.8億円分まで購入し、1等が当たれば、2,000万円の稼ぎとなる。
・6.8億円分購入した時に1等が当たる確率:11%(0.000005% × 2,266,667口)

 

 

 

6.8億円分使っても1等が当たる確率は11%なので、やる意味はないですね笑。

そもそも、6.8億円も宝くじを買えるお金があれば、貯金2000万円をどうやって作るか考える必要もないですが。。。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか!?現実的でない案件も混じっていましたが、正直な話貯金2000万円貯める必要があるのは、あながち嘘ではないと思っています。

なので、一秒でも早く2000万円貯めるためには、どうしたらいいかを考えて、行動に移すべきですね。

そして、おすすめなのは、やはり投資。

投資は少ない労力で、ものすごい大きな資金を得ることができるので、できるならば、投資のスキルを身に着けておくべきですね。