エリオット波動を使ったら、劇的に結果が出た

Pocket

 

いつも閲覧ありがとうございます。

FXトレーダーの市村です。

僕の成績を劇的に上げることとなったエリオット波動について解説をしていきますね。人によっては、難しいと感じるかもしれませんが、これを覚えることで、FXの利益は劇的に増えますし、無駄なエントリーも劇的に減るので、ぜひともご自身のスキルとして身に着けていきましょう!

 

エリオット波動とは・・・

相場にはサイクルがあり、値動きには一定のリズムがある。

(ラルフ・ネルソン・エリオット 1871-1947)

これは、過去のNYダウ平均を緻密に分析することで、値動きの中に【上昇➡下降】の波が一定の法則性をもって出現することから判明しました。これこそが、エリオット波動の根幹である「上昇5波、下降3波」という周期を指しています。

 

 

上昇5波、下降3波

相場の波は、このように、第1波(上昇)➡第2波(下降)➡第3波(上昇)➡第4波(下降)➡第5波(上昇)の上昇5波と、a波(下降)➡b波(上昇)➡c波(下降)の下降3波という法則があります。さらに、このエリオット波動には、基本原則が存在するので、それについて解説をしていきますね。

 

エリオット波動・基本原則

①第1波、第3波、第5波の上昇で第3波が一番短くなることはない。
②第1波を超えて、第2波が安値を付けることはない。
③第4波が第1波の高値を下回ることはない。

 

 

さらに、それぞれの波には特徴があるので、それについても確認してきますね。

 

エリオット波動・波の特徴
第1波:ゆっくりと方向感が出だすタイミング
第2波:第1波の利食いにより一時的に下落する
第3波:最も強く上昇する。ロングを狙うならば、このタイミング
第4波:乱高下が続く複雑な動き。
第5波:最後の上昇。

a波:下落するが、単なる押し目ともとれるため、ここの下降の値幅を獲得するのは難しい。
b波:a波の利確が入りだすため、一時的に上昇する。
c波:大きな下降。ショートを狙うならば、このタイミング。

 

 

では、実際にその通りになっているのか、実際のチャート画面を見ながら確認していきましょう。(チャート画面:ドル円 1時間足 18年8月20日~18年9月7日)

 

 

第1波:1本目の緑色の上昇

第2波:1本目の紫色の下降

第3波:2本目の緑色の上昇

第4波:2本目の紫色の下降

第5波:3本目の緑色の上昇

a波:1本目のオレンジ色の下降

b波:1本目の茶色の上昇

c波:2本目のオレンジ色の下降

 

エントリーは上昇第3波、下降c波を狙え

上でも記載しましたが、エリオット波動で狙うべき鉄板ポイントは上昇第3波、下降c波になります。ここが最もリスクが少なく、大きく稼げるポイントだからですね。その理由としましては、上昇トレンドと下降トレンドの定義から来ています。あなたは、上昇トレンドと下降トレンドの定義を明確に説明できますか?

分からない方のために、一応説明しておきますね。

 

上昇トレンド:高値と安値が切り上がっている状態
下降トレンド:高値と安値が切り下がっている状態

 

この考え方がものすごく重要になってきます。上昇第3波を例に説明しますね。

 

第1波の安値と第2波の安値を比較した時に、どうなっていますか?安値が上に切り上がっていますよね?つまり、この時点で、安値が切り上がっているので、下降トレンドの定義には当てはまらないんですよね。しかし、上昇トレンドも確定はしていません。しかし、第3波はロングを狙う鉄板ポイントになります。

もしかしたら、上昇トレンドになる前に、ロングしてはいけないと思うかもしれませんが、本当に上手なトレーダーは、上昇トレンドになりそうな安値でロングエントリーをするのです。なぜ、そうするかというと、完全に上昇トレンドに移行したポイントは、第2波の高値を第3波が超えた時になるのですが、それが確定した時点で、価格はものすごく上昇していきます。そのため、エントリーポイントを見失いがちになるのです。また、その時点でエントリーすることは、損切位置が遠くなるので、リスクが高いのです。

そのため、リスクを最小限に抑えて、大きく稼ぐには、第3波の安値からロングすることですね。下降c波も同じです。下降b波の高値からショートですね。

しかし、一つ気になるところはあると思います。それは、

どこで価格が下げ止まる(上げ止まる)かは分からない。

これを見極める方法について、次は解説してきますね。

 

価格が下げ止まる(上げ止まる)ポイントを見極める方法

この方法さえご自身のスキルとして、身に着けることができたら、劇的に結果が変わります。もちろん、絶対的な考え方ではないですが、僕は普段からこの考え方を使っていて、利益を上げる上で、とても役立っているので、おすすめです。

 

価格が上げ止まる(下げ止まる)ポイント
①水平線、トレンドライン → レジサポライン
②移動平均線 → グランビルの法則
③チャートパターン
④フィボナッチリトレースメント

 

僕が使用しているのは、この4つのみですね。たったこれだけですが、これだけで十分です。

ですので、

・価格が上げ止まる、下げ止まるポイントが見極められない。

・ポジションを持った後に逆行する。

という方は、ぜひともこれらの手法を使用していきましょう!!

 

グランビルの法則については、こちらで解説してますね。それ以外は、記事が出来上がったらシェアしますね。

 

 

まとめ

まとめますと、エリオット波動は、上昇第3波と下降c波が鉄板エントリーポイントになります。そこでリスクを限りなく小さくし、大きく利益を取るには、価格が上げ止まる(下げ止まる)ポイントを的確に見極めることが重要です。そのために、レジサポラインやその他の考え方があるので、ぜひともご自身のスキルとして身に着けていきましょう!!