【FX手法紹介】レンジブレイクはここだけ狙え!

Pocket

閲覧ありがとうございます。

FXトレーダー市村です。

今回は多くのトレーダーが使用していて、大きなpipsも獲得できるレンジブレイクについて解説していきます。レンジブレイクは、短時間で大きな利益を獲得するチャンスですので、ぜひとも正しいトレード方法を学び、ご自身のトレードに役立てて下さい。

レンジにはいくつか種類があります。基本的にレンジを抜けた後は、その抜けた方向に大きく相場が動くので、大きな利益を獲得するチャンスになりますが、全てのレンジで友好的に機能するわけではなく、レンジブレイクを狙うべきではないレンジもありますので、それについて詳しく解説していきますね。

レンジは全部で5種類

レンジブレイクを学ぶにしても、どんなレンジがあるのかを知らないとまずいので、まずはその種類について解説していきますね。レンジは全部で5種類あります。

①ボックス

レンジブレイクでは狙えない。狙うのは、レンジ内トレード

ボックスを抜けるには、大きな力が必要になります。下に抜ける場合は、上のレジスタンスラインからの大きな下降が伴いますし、上に抜けた場合は、下のサポートラインからの大きな上昇が伴います。つまり、このボックスでのトレードは、上からショート。下からロングを狙い、レンジの端から端まで狙うことが得策です。レンジブレイクを狙って、下のサポートライン付近でショート。上のレジスタンスライン付近で、ロングを狙うと逆行した時に、大きな損失を伴いますので、レンジブレイクではなく、レンジ内トレードを行いましょう。

②ペナント

ノートレードが得策

ペナントでのトレードは難しいです。なぜなら、ある方向に抜けたとしても、逆行して元に戻るだけでなく、完全に突き抜けてしまうことも少なくないからです。このペナントを抜けた際に、レンジブレイクを狙う人もいますが、ここはリスクもあるので、ノートレードが得策です。

③ダイアモンド・フォーメーション

絶対 ノートレード

このパターンが発生することはかなり稀なのですが、このパターンもレンジの一種になります。完全に方向感がなくなっていますので、現在のチャートがこの形になったら、トレードは諦めて、別のことに時間を使いましょう。その方が、時間を有効的に使えます。

④フラッグ

上位足の方向に順張りが基本

これは、よく出現するパターンで、よくトレードするパターンでもあります。1時間や4時間足の上位足で上昇トレンドの場合、調整で若干下降トレンドになる時があります。その下降トレンドのレジスタンスラインを上に抜けて、押し目買いを狙っていくことが勝てる鉄板パターンになります。逆に上位足が下降トレンドの場合、調整で小さい上昇トレンドになりますので、その上昇トレンドのサポートラインを下に抜けて、戻り売りを狙っていきましょう。

⑤トライアングル

鉄板のレンジブレイク

これが基本中の基本のレンジブレイクの形になります。ポイントは2つですね。

1.安値が切り上がり、高値が同じ水平線でレジスタンスされている。 ⇒ロング狙い

高値が切り下がり、安値が同じ水平線でサポートされてる。 ⇒ショート狙い
2.水平線のレジスタンス(サポート)は3回か4回される。(2回はない)

特に2つ目のポイントが大切になります。この形のレンジブレイクは、基本3回目か4回目にブレイクする確率が高いです。2回目はないですね。ですので、3回目のブレイクや4回目のブレイクを狙ってトレードしていきましょう。ただ、一回抜けた後に、すぐ戻る可能性が高いので、短期トレードすることをお勧めします。

実践(実際のチャート画面で確認)

ドル円5分足のチャート画面を表示させました。二本の水平線(青色)で囲まれた部分がボックスになります。また、高値(茶色の〇)と安値(緑色の〇)でごちゃごちゃになっていることも分かるかと思います。この状態は完全にレンジになります。

ちなみに、相場は上昇トレンドと下降トレンドとレンジの3種類しかないのですが、それの見分け方はご存知ですか?もし、分からなければ、下記の記事を参考にして下さいね。

さて、このボックスレンジにおいて、トレードをするのは2パターンあります。

1.上の水平線に当たったらショート。下の水平線に当たったら、ロング

レンジの中で行ったり来たりしていることは確認できるかと思います。レンジを抜けるまでは、この間の端から端まで取ることを目指してトレードしていきましょう。

2.レンジを抜けた後に、順張り

レンジを抜けた後に、高値①⇒安値②⇒高値③⇒安値④と高値と安値が切りか上がっていることが確認できるかと思います。安値④で安値を切り上げたので、上昇トレンドとなり、大きく上昇していきました。ですので、安値④でロングエントリーしていきましょう。ちなみに、損切位置は、上の水平線の10pips下に設定しておきましょう。

鉄板トレードのトライアングルについても確認していきましょう。

青色の水平線で上手に高値が止まっていることが確認できるかと思います。高値①、②、③、④ですね。④でレンジブレイクした訳ですが、ここで重要なのは上述していますように、
1.レンジブレイクは③回目か④回目に発生する。

2、レンジブレイクはすぐ戻る。

ですので、③回目でブレイクしなかったからといってショート狙いをするのではなく、④回目のブレイクを狙ってロングしていき、⑤で高値を更新しなかったので、すぐ利確して、⑥の押し目買いを狙って、もう一度ロングを狙っていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?レンジのことはよく理解できましたか?

チャートの7割はレンジで残りの3割がトレンドだと言われています。ただし、レンジは方向感がないので、利益を残すことも難しいです。ただ、レンジの種類は5種類しかなく、それぞれのトレードパターンは決まっています。このトレードパターンさえ覚えてしまえば、ムダな損失を出してしまうこともなくなるので、普段のトレードに取り入れて頂けたらと思います。