【徹底解説】テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、メンタル分析どれが一番大切?

2019年2月16日

Pocket

こんにちは。

FXトレーダー市村です。

 

今回は、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、メンタル分析の3分析について解説していきます。

FXで稼ごうと思うのならば、どの分析に力を入れるべきかの選択は重要です。

そして、ここを間違えてしまうと、全然勝てなくなりますので、ぜひともこのページで学んで下さい。

 

確実に勝つならテクニカル分析! ファンダメンタルズ分析はギャンブル!

 

まず初めに、テクニカル分析について解説していきます。

テクニカル分析とは、チャートによる過去の値動きから、将来の価格や動向を予測する分析方法です。

その分析方法は数多く、色々な手法があり、人それぞれ使用している手法も異なっています。

例としたら、トレンドライン、移動平均線、ロールリバーサル、ボリンジャーバンド、ダブルトップ、ダブルボトム

などですね。

 

それに対して、

ファンダメンタルズ分析とは、経済情勢や各国の国際情勢、トランプ大統領や日銀の黒田総裁などの重要人物の発言

など、世の中の動きから為替がどちらに予測するか分析する手法です。

 

FXでお金を稼いでいこうと思うと、テクニカル分析は究めた方が良いですが、ファンダメンタルズ分析は、

確実性のないただのギャンブルですので、特に究める必要もありません。

ただの知識として知っておくレベルで構いません。

 

そもそも、テクニカル分析とは、チャートパターンでどっちの方向に行くかがかなりの確率で決められています。

ダブルトップというチャートパターンがあります。

このパターンが出現したら、上昇トレンドが終わり、レンジか下降トレンドに移行します。

という認識が世界共通であるのが、チャートパターンです。

ダブルトップが出現したら、上昇トレンドが始まるとは誰も思わないわけです。

つまり、テクニカル分析とは、世界共通で同じ認識のあるチャートパターンを駆使してトレードをすることになります。

つまり、そのチャートパターンさえ覚えてしまったら、どちらの方向に進むか理解できてしまうわけです。

 

それに対して、ファンダメンタルズ分析とは、こういう世界共通認識というものはありません。

よくTVや雑誌で、『これからの経済はこうなる!』と発言している経済アナリストがいますが、

必ずその予測は2パターンあります。そして、全くあてになりません。

 

トランプ大統領の時が良い例です。

2016年の大統領選挙の際、トランプが大統領になったら、

世界経済は大不況になると予測した人もいれば、好景気になると予測した人もいます。

結果的には、アメリカ経済は潤い、その他の国は困難を極めてきました。

 

そもそも、これからの未来の経済を確実に当てることができる経済アナリストなんていません。

全員、あくまで個人の意見として述べていて、その発言に責任はありません。

そんな無責任な予測を信頼して、相場がどっちに進むか予測することほど怖いことはないのです。

ですので、テクニカル分析を徹底的に究め、ファンダメンタルズ分析は捨てていきましょう!!

 

メンタル分析ができなければ、全ての手法は役立たず

 

メンタル分析という言葉はあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、FXで勝つためには必要なスキルになります。

それは、世界で最も有名な著書”ゾーン”にも記載されています。

 

人間は欲と誘惑に弱い生き物です。

『コツコツと勝ちを重ね、10連勝もした今の自分なら、ハイレバレッジでも勝てる!』

『うわああ。どうしよう。お金めちゃくちゃ減ってしまった。こうなったら、一発逆転するしかない!』

FXに慣れてくると、次第に気持ちも大きくなり、お金が増えることに快感を覚えだします。

そして、ハイレバレッジという誘惑が常に目の前にあり、気持ちが大きくなることで、その誘惑に食いつきます!

その結果、お金をどんどん失っていきます。

このような経験は誰にでもあると思います。もちろん、僕自身にもあります。

 

そして、負けた後に気付くのです!

『どうしてあの時、こう損切できなかったのか!』

『あの時、決済しておけば、100pips取れていたのに・・・』

と。

 

気持ちが興奮状態にある時は、冷静かつ適切な判断はできません。

しかし、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を覚えた所で、メンタルを正常に保つことができなければ、

それらの分析手法には何の価値もありません。

だからこそ、メンタル分析、メンタルコントロール、冷静なメンタル、精神状態を鍛える必要があるのです。

しかし、世の中の95%はこれができていません。だから、負けてお金を失うのです。